手洗いスタンドWOSHを設置しました!

手洗いスタンドWOSHをご存じですか?

利島村役場や勤労福祉会館にも置いてある手洗いスタンドWOSHを、社協でも今月から設置しました。

社協に入ってすぐのところに置いています。

WOSHとは、循環する水を使う手洗いスタンドです。使用した水の98%以上を、その場で循環させ、再利用します。

そして、スマホ除菌機能付きです。手を洗う間に、自動でスマホを除菌できちゃいます。たった30秒で、99.9%も除菌するそうです!

当法人では、コロナウイルス感染症前から、インフルエンザやノロウイルスなどの対策として、手洗いと手指消毒、マスクの着用と衛生対策に気を配ってきました。

感染症の予防には、まずは入口でしっかりと手洗い・消毒を行って、外から持ち込まないということが非常に重要です

デイホームさくゆりにお越しいただく際には、マスクの着用はもちろん、ぜひ手洗いと手指消毒へのご協力を、何卒よろしくお願い申し上げます。

令和5年1月 新年会

1月18日(水)に新年会を行いました。

午前は、福笑いを行いました。

目隠ししているご利用者様に周りのご利用者様が「もっと上」「もう少し右」など声を掛けながら、完成させていました。福笑いの最後には職員も参加し、ご利用者様と一緒に、全体で楽しむことができました。

福笑いの様子①
福笑いの様子②
福笑いの様子③

福笑いが終わったら、集団体操・口腔体操を行い、お昼ご飯です。

〈昼食メニュー〉

ちらし寿司、ほうれん草のなめ茸和え、菊芋の塩麴漬け、お吸い物

ちらし寿司には、海老・鰻・椎茸・蓮根・いんげん・錦糸卵が入って、具だくさんでした。ご利用者様からも「美味しい」という声がたくさん聞かれました。

また、菊芋の塩麴漬けは初めて食べたご利用者様もおり、利島産であることをお伝えすると驚いていました。

午後は風船羽子板🎈と福引大会を行いました。

風船羽子板🎈を始める前に準備体操を行いました。

準備体操の時から皆さん気合が入っていました。

風船羽子板の様子①
風船羽子板の様子②
風船羽子板の様子③

今回羽子板を使わずにうちわを使いました。慣れてくると手を伸ばして風船を打ち上げたりと、ラリーも長く続き、熱戦が繰り広げられていました。

福引大会は、ご利用者様のみなさん参加することができました。

←こちらのご利用者様は、写真を撮らせてくださいとお願いすると、景品を持ち上げてポーズを決めてくれました📷

新年会での集合写真

ご挨拶が遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします!

入職者のご紹介

1月4日付で、福島希さん(介護職員)が入職しました。

福島さんは生まれ育った利島の方々に恩返しをするため、利島村社協で働くのが夢だったそうです。

これからデイホームさくゆりでご利用者様一人ひとりに、優しいケアを心がけていただきたいと思います。

みなさま、よろしくお願い申し上げます!

仕事を教わっている福島さん(右)

村民の皆様へのご挨拶

明けましておめでとうございます。

前事務局長が退職したため、昨年4月より利島村住民課長に社協の事務局長をしていただいております。

組織の維持と継続には、安定した人材の確保が大前提です。

村からの委託を受けて運営をしている「デイサービス」を中核とした介護サービスの提供にあっては団塊世代が後期高齢者に加わり、今後ニーズの増大が予測され安定した人材の確保が課題です。

職員用の住宅につきましては、皆様のご協力により確保することができつつあります。ご協力に感謝いたします。ありがとうございました。

依然としてコロナ禍が続いています。一日でも早く日常が訪れることを願いながら、皆様のご多幸をお祈りいたします。

社会福祉法人 利島村社会福祉協議会 会長 小林春木

令和4年12月 クリスマス会

12月22日(水)にクリスマス会🎄を行いました。

午前中は、歌詞カードを用意して皆さんで歌を歌いました。職員がウクレレで演奏しながら、ジングルベルや赤鼻のトナカイなどのクリスマスソングから、もうすぐお正月といったお正月ソングまで歌いました。

歌い終わったら、次はクリスマスにちなんだクイズが出題されました。

歌っている様子①
歌っている様子②
クイズ中の様子①

歌とクイズが終わったら、体操を行い、お昼ご飯です。

<昼食メニュー>

ベーコンとミックスベジタブルのピラフ、白菜とチキンのクリームシチュー、クリスマスマカロニサラダ

午後は、職員が作ったすごろくゲームを行いました。

すごろくゲームの様子
サンタからプレゼントを貰った様子

すごろくゲームが盛り上がった後、デイホームさくゆりにサンタクロース🎅が来てくれました!

早速プレゼントを開け嬉しそうに、「お箸を貰ったよ」と教えてくれたご利用者様もいました。

<おやつ>

クリスマスケーキ

皆さん「美味しい、美味しい」と言いながら、クリスマスケーキ🍰を召し上がっていました。

クリスマスの次はお正月ですね。

今年もホームページをご覧いただきありがとうございました。

今年7月から広報担当になり、私自身デザインやレイアウトを学ぶ半年になりました。

新年も、利島村社会福祉協議会への理解と関心を深めていただけるよう、広報を通して情報発信していきたいと思います。

皆様が良いお年を迎えられることを、心より祈っています。2023年もよろしくお願い申し上げます。

シンカブル始めました!

社協会員の募集は、利島村社会福祉協議会の理事・評議員が戸別訪問にて取り組んでいましたが、新型コロナウイルス感染症の観点から中止しました。

その代わりに今年度より、シンカブル(Syncable)を導入しました。シンカブルはインターネットで寄付を「集める」ことができるサービスです。キャッシュレスにて簡単に会費をお支払いできるようになりました。

こちら⇒(https://syncable.biz/associate/toshimamura-csw)から会員登録と支払いができます。

会費の種類

社協会費は、「個人会員」と「団体会員」の2種類あります。会費は何口でもご加入いただけます。

個人会員:年間 1口 500円

団体会員:年間 1口 5,000円

会費の使われ方

利島村では、理髪事業✂や排泄用品等購入代金助成事業🧻など、福祉の発展に活用させていただいています。

利島村社協の事業を支えていただきたく、皆様のご協力をよろしくお願いいたします!

小学校交流会実施報告

12月14日(水)に、デイホームさくゆりのご利用者様と、利島小学校1・2年生との交流会を行いました。

今回は小学生が、文化祭で披露した合唱をみせてくれました。

鑑賞中、ご利用者様は手拍子をしたり、「エイヤー」の掛け声には児童と一緒に腕を上げている方もいました。

ご利用者様に感想を伺うと、「みんなで歌うのはいいな」や「みんな素晴らしかった」とお話されていました。

感想を話している様子
プレゼントを渡している様子

合唱のお礼にご利用者様から、ミニクリスマスツリーを児童一人ひとりにお渡ししました。

児童からは「ありがとう」という声がたくさん聞かれ、ご利用者様も嬉しそうでした。

2022年最後の交流会になりました。来年も、たくさん交流が出来ればいいですね!

栄養講習会実施報告

11月21日(月)、東京都栄養士会(公益社団法人 東京都栄養士会 (tokyo-eiyo.or.jp))の上野さんより栄養講習会がありました。

まず、上野さんより飲み込みについてお話がありました。

むせたり、のどにつまりやすい食べ物を飲み込みやすくするポイントについて教えていただきました。

また、食べやすさ・飲み込みやすさに応じた学会分類があり、テキストとともに上野さんの解説があったため介護職員にも分かりやすいものでした。

講習の様子①
講習の様子②

今回の講習では、お茶ゼリーを試飲する時間もありました。

介護職員からは、「普段ご利用者様に水分は大切なので飲みましょうと言っていたけど、どうすれば美味しく飲めるのか考えることが重要だと学んだ」という声が聞かれました。

講習会で学んだことを活かして、ご利用者様の食事について考えていきたいと思います!

最後に食べやすさ、飲み込みやすさに応じた食品の一部を紹介します。

のみや水・・・水分でむせがある方でも飲み込みやすい水分補給ゼリー飲料

まるで果物のようなゼリー・・・生の果物のような食感、風味、果汁感が楽しめるゼリー

えねぱくゼリー・・・1個125kcal、たんぱく質5gを美味しく摂れるゼリー

やわらかごま豆腐・・・だしのうま味を効かせたやわらか豆腐

興味関心のある方は、社協までお越しください!

令和4年11月 おやつレク

11月30日(水)に、おやつレクを行いました。

作業中の様子①
作業中の様子②
作業中の様子③

皆さん、果物を切ったり、皮むきをしたり、デモンストレーションで飾り付けをしたりと夢中で作業を行っていました。

飾り付けでは、生クリームやイチゴソースを多くかけたり、バナナとキウイを交互に並べたりと、思い思いのプリンアラモードが完成しました。

完成後、飾り付けしたプリンアラモードを召し上がっていただきました。

ご利用者様からは、たくさんの「美味しい」という声が聞かれました!

自分で作ったものは、いつもより美味しく感じますね♪

小学生交流会実施報告

11月16日(水)に、デイホームさくゆりのご利用者様と、利島小学校1・2年生との交流会を行いました。

今回は小学生が運動会で披露した、ダンスを見せてくれました。

鑑賞中、ご利用者様は手拍子をして一緒に楽しんでいました。

鑑賞中の様子①
鑑賞中の様子②

ご利用者様に感想を伺うと「みんな上手だったよ」、「すごかったね」という声が多く聞かれました。

感想を話している様子①
感想を話している様子②

室内での交流会は、2年ぶりの実施となりました。

マスクの着用、ソーシャルディスタンス等の基本的な感染症予防対策を行いました。

コロナが落ち着いたら、昔遊びや手遊びなど一緒に出来たらいいですね!

ご覧になって下さっている皆様へ

 

このたびはサイトへのご訪問を誠に有難うございます。
利島村社会福祉協議会は、東京の日本橋から南南西に約140kmの利島にて、島の皆さんと一緒に福祉を支え続けています。
余談ですが、日本には“へき地医療”という言葉はあっても、“へき地福祉”や“へき地介護”という言葉はまだ根付いていないように感じます。こちらは人口約300人の離島なのですが、いわゆる“へき地”です。そんなへき地の福祉について、多くの皆さんが思いを馳せてくださるようになると大変嬉しいです……。
そうそう、無いといえば島にはコンビニはもちろんのこと信号機すらありません。しかし椿が咲き誇る山、イルカが戯れる海、文字通り満点の星空などの豊かな自然、そして、とってもとっても心豊かな住民がいます。
あなたが当サイトに巡り合ったのも何かのご縁、「ちょっと忙しさに疲れたなぁ…」と感じた際には、本当にのんびりできる島“利島”へ一度足をお運びください。来島者の方の福祉も誠心誠意支援させて頂きます!

 

利島村両立支援総合サイト

東京都社会福祉協議会「ボラサポ」と「赤い羽根共同募金」のロゴの回転(一般用)